【個人セッションお客様の声】人と距離をとることも防衛手段だった! (神奈川県仕事・子育て奮闘中松山由紀乃さん30代)


じぶん色の花を咲かせる解決深堀りセッション

 

神奈川県パ仕事・子育て奮闘中松山由紀乃さんから、
ご感想をいただきましたので
ご紹介いたします。

 

セッション前の悩みは何ですか?

子ども達を癒したいのに傷つけてしまう。

 

セッション後何が解決しましたか?良かったこと

髪の毛結わいてとかお願いされると、
それくらい自分でやりなさい。
なんでこれくらい自分でやらないの?
私はその年には自分でやってた!
そんな風に思ったり言ったりして
イライラしてました。
それが前よりすんなりお願いされると
やってあげられる様になった。

 

他に感想がありましたら教えてください

私はどうしてこんなに冷たい人間なんだろう。
とずっと悩んできました。
私の土台となり自分を守る為の手段として
自分の感情を抑える事を選択してきたこと。
人と距離をとることも
防衛手段だったんだなぁと分かり、
これからは何か変わるんじゃないかな~と
楽しみにしています。

180度ガラッと変わった感じではなく
氷が少しずつ溶けていってる感じがします。
加藤さんに会うと
癒されていく自分をいつも実感します。
たくさんの出逢いがありますように!

 

このセッションを勧めしたい方

自分ではコントロール出来ない自分の
感情や行動に悩み
変わりたいと思う人に。

 

加藤からの応援メッセージ

氷が少しづつ溶けていくって表現
とってもいい状態ですね。
物心つく前からの長い年月
心の奥深く入り込んでいた
まるで氷河のようなセルフイメージでしたので
春の雪解けのようにゆっくりとした変化が
必要なのでしょう。

自分の思いを伝える時あえて冷たい態度をとる
これをすることによって自分が傷つくことから守っていた。

本当は受け入れて欲しかったのに
受け入れてもらえないから
幼子が一人でも大丈夫という態度をとっていた・・・

この関係性がわかった今は、
自分の思いを伝えるときは
素直にそのまま伝えればいい。

誰も私を傷つけないし、
むしろ私の存在に感謝してくれる

すると、
ゆきのさんの存在が
周りの皆をして幸せにしているんだ
ということを実感
する事象が山ほど起きてくるでしょう。

自分を満たしてくれる家族が今、
存在しているのですから
日々を大切に生きることを常に選択するだけです。

脳に、なりたい未来を情報として
与えてあげることで
そこに向かうスピードが加速します。
それが限りなく幸せな未来の人生設計図
トレジャーサーチマップを創り
毎日眺めることの意味です。

 

 

 

加藤 久美子
私の経験は産婦人科クリニック勤務で
3,000人のあかちゃんと出逢ったこと。
夫と父を抱いて看取ったこと。この経験から
生まれ出るいのちを迎えるとき
旅立ついのちを回送る(みおくる)時
魂の存在として同じと気づきました。
20年前からのスピリチュアルな学びと
ボディケアの実践で得た情報、知識を
心軽やかに生きる知恵としてお伝えします。