大切な人を亡くした後の結婚記念日どう過ごしますか?


大切な人を亡くした後の結婚記念日

 

大切な人を亡くした後の記念日は
いつも以上に寂しくて辛くなっている方は
たくさんいらっしゃることでしょう。

 

命日、自分や故人の誕生日、結婚記念日、
季節のイベントなどは、いつも以上に
愛する人がそばにいてくれないことを
痛切に実感せざるをえない日となります。

 

 

そういう日をどう過ごすか。
A なんとか、やり過ごす。

B 新たな幸せな記憶にする。

私たちは。どちらか選ぶことができます。
私は、Bをお勧めします。

 

なぜなら、
Aの「なんとかやり過ごす」ことだけでは

愛する人との記念日
凄くもったいないと思うからです。

 

ではどうやってBの
「新たな幸せな記憶にする」ことが
できるのでしょうか?

その事例を挙げてみます。

 

先日は、私の37回目の結婚記念日でした。

 

夫が光の国に単身赴任してから迎える
3回目の
結婚記念日でした。
この日朝、目覚めた時から、
「彼からメッセージが届くといいな!」
「どんな形でかわからないけれど、届くといいな。」
と思っていました。
そう思うと、
ただ寂しいなという感情だけではなく、

どんなメッセージが届くだろうとワクワクします。

 

たとえそれが届かなかったとしても、
現実はそれが当たり前なので
「そうだよね」と受け止めるだけで

凄く落ち込むわけではありません。

 

ただ、何らかの形で彼からのメッセージが
届いたら凄く嬉しいという思いだけです。

 

 

そして、
届きました。
翌日になりましたが。

 

 

 

 

 

 

Facebookでお友達になった
気仙沼の阿部敏子さんから

こんな心のこもった絵手紙という形で届きました。

 

阿部敏子さんは、絵手紙を通して
自然、命の尊さを伝えていらっしゃいます。

 

 

 

この絵手紙に書かれている桜には
このような経緯がありました。

 

阿部さんのご了承を頂いて
Facebookの記事から

抜粋させて頂きました。

 

あの津波を被ったにも
拘わらず 毎年 美しい感動を
与えて咲いてくれていた桜でしたが

河川堤防の建設に伴い
40本程、伐採されてしまいました。

 

なんとかして
伐採された桜の木を
桜の命を 守り 残してあげる
ことはできないだろうか。

そんな 熱い想いで友人たちが
切られた枝を集め 保護して
くれたのです。

桜よ 死なないで
なんとか
命を繋いで欲しい!

私も 祈るような思いを
込めながら
分けて頂いてた桜の枝を
見守っていました。

そして咲いた花。

逆境に負けずに咲いてくれた
なんて愛しい・なんて尊い・・

桜が 命をかけて
伝えている!

ずっと胸に大切にしていくよ!

ありがとう・・

 

 

そして、その咲いた桜を描いた絵手紙を
私に、送ってくださったのです。

 

阿部さんは私の結婚記念日ということも
彼からのメッセージを待っていることも
知らずに・・・

 

お礼のメールに私はこう書きました。

 

「結婚記念日、光の国の彼からラブレターが届きました

 

 

 

 

結婚記念日の翌日は娘の誕生日でした。

 

「大切な娘の誕生日を選んで
届いた彼からの愛のメッセージ。」
と私は感じました。
今、その娘には二人の娘たちがいます。

 

「命よ繋がって」

 

こうして、私の大切な愛する人との結婚記念日は
新たな幸せな記憶になりました。

 

大切な人を喪った(うしなった)後の
様々な感情は心の深くに
蓋をして置くことよりも

たくさん言葉や涙にして出してあげてください。

 

何年経っていても出してあげてください。

 

自分を辛くする悲しみは、
何とか早く少しでも
消したいと
思っているかもしれません。

 

しかし、

悲しみは消そうとしなくても大丈夫です。

悲しみは、もっともっと大切な愛する人と
一緒にいたかったという正直な感情です。

ですから、
悲しみは消えなくてもいいと私は思っています。

 

なぜなら、
悲しみと同時に愛の記憶が自分を癒してくれる
からです。

 

語りましょう。

愛する大切な人と過ごした日々のこと。

何を語っても否定されたり
無理やりアドバイスされることはない
安心・安全な場所で。

 

じぶん色の花を咲かせる
心理カウンセリングルーム

『心ハミングでは

特別な日を新たな特別な日にする
ための時間をご用意しています。

 

それはこちらのプランです。

*********************

「特別な日に大切な人を語ろう」

時間と料金:60分 8000円(税込み)

方法:対面・電話・Skype

可能な時間:10:00~ 最終スタート21:00~

 

お仕事されている方も、お風呂を済ませて
ゆっくりとお話されてそのまま
幸せに包まれたまま眠れるといいですね。

 

 

先日は、月命日に大切な人の思い出の品を
持参されてお話にいらした方がいらっしゃいます。

 

お帰りになってから感想をいただきました。

 

今日は沢山話を聞いて下さり、
また愛のあるメッセージや
コメントを頂き

新しい事を気付かせてもらいました。
加藤さんはソフトにアドバイスを
してくれるし、
考えを押し付けない上に
私の意見も尊重
してくれるので
いつも、
サロンから帰ると
とても気分が
スッキリして
清々しい感じがします。
 
そして、なぜかサロンの日は
不思議なことが起こり、

最後はうまくまとまるので楽しいです。
これからも宜しくお願いします。

 

大切な愛する人との思い出はとても尊いもの。

それを聴かせていただくその時間は
お互いの魂が成長する時間だといつも感じます。

 

大切な人と過ごした日々を語るには
悲しみに寄り添うカウンセラーである加藤に
安心して話をできるのか?
自分と気が合うのか?
ご確認していただくためには初回は、
体験カウンセリングをお勧めしています。

 

心理カウンセリングルーム「心ハミング」
近隣にはパワースポット「高尾山」や
大正天皇や昭和天皇が眠る「武蔵野御陵」
があります。

 

「心ハミング」のあるマンションも
敷地内に樹齢120年の桜があったり、
中庭から見上げる空は三角形。
三角形は、強いエネルギーを集めたり放出する
パワーを持っていると言われています。
ここは、ちょっと不思議で心地よい空間です。

 

樹齢120年の桜に見守られて

 

 

三角の空からのパワー

 

 

 

不思議な空間

 

 

わんこもお出迎え

 

 

 

 

 カウンセリングはここで

 

 

ご来店可能な方はこの空間にぜひ
いらしてください。

 

 

 

「特別な日に大切な人を語ろう」
お申し込みはこちらをクリック

初めての方は、体験カウンセリングに
お申込みください。

 

 

 

 

 

加藤 久美子
私の経験は産婦人科クリニック勤務で
4,500人のあかちゃんと出逢ったこと。
夫と父を抱いて看取ったこと。この経験から
生まれ出るいのちを迎えるとき
旅立ついのちを回送る(みおくる)時
魂の存在として同じと気づきました。
20年前からのスピリチュアルな学びと
ボディケアの実践で得た情報、知識を
心軽やかに生きる知恵としてお伝えします。