【個人セッションお客様の声】「心から笑える自分を取り戻せるように またセッションを受けてみたい」Mさん(神奈川県50代)


「悩みをギフトに変える心ハミングセッション」

神奈川県在住、Mさんから

ご感想をいただきましたので
ご紹介いたします。

 

セッション前の悩み

あって当たり前だった大切なもの(愛犬、娘)が

居なくなったことから

自分にはもう何もない、孤独だ。。という恐怖。

年をとることで体力、気力が衰えて
この先の人生に楽しいことが見出せない不安。

そんなネガティヴな感情に支配され
心の底から笑うことができなくなった。

以前のように大笑いをしたいという渇望。

 

セッション後に解決したこと良かったこと

ジェットコースターのように
明暗を往き来する、

二役の人生が染みつき、

その激しいスリルの無い平坦な人生では

音符マークが飛ばない自分に気がついた。

本当に望むのは極端に沈むことなく、

平坦な中に時折 音符マークの飛ぶ人生であると
気がついた。

 

 

 

他に感想がありましたら教えてください

辛かったはずのこれまでの人生を語りながら、

今はそれを通り過ぎたという安堵感よりも

そんな激しい人生に泣き笑いしていた

感情豊かだったかつての自分が懐かしく

今は心が死んでしまったような自分に
寂しさを感じた。

 

本音を話せる友達がいないので

今日 たくさん心の中を吐き出せて楽になった。

心から笑える自分を取り戻せるように

またセッションを受けてみたいと思った。

 

セッションをお勧めしたい方

本音を話せる人が居ない人。

もっと楽に生きたいと願っている人。

 

おまけ・Mさんの声

 

今日はありがとうございました。

いきなりくすぐりの荒療治は効きました。

素敵なサロンのテーブルに座った瞬間から
気になっていた、あの銀紙につつまれた
神々しいチョコレイトを
食べそびれてしまったことが唯一の心残りです。

 

加藤より応援メッセージ

 

本日の〆のくすぐり荒療治は、
まず笑うという形から入るのもいいかなと
思ったので仕掛けました。

(こんなことしたのは初めてです。)

形だけでも大笑いをするという
身体のリアクションは脳が即座に記憶します。

忘れていた大笑いをするという回路が
形成されるイメージです。

鏡を見て、口角を上げるだけでも、
脳は笑っていると判断します。

すると幸せホルモンと言われている
オキシトシンが分泌され、
それが繰り返されていくと、
心から笑えて幸せな自分に
なっていることに気がつきます。

 

Mさんは、
現実を、生み出すパワーが凄いですね。
あとはどこにエネルギーを
フォーカスするかだけですね。

次回は、もっと一つ一思考パターンを
明確にしていくこと、
具体的にどうエネルギーを使うかを
スッキリさせるといいかもしれませんね。

 

加藤 久美子
私の経験は産婦人科クリニック勤務で
3,000人のあかちゃんと出逢ったこと。
夫と父を抱いて看取ったこと。この経験から
生まれ出るいのちを迎えるとき
旅立ついのちを回送る(みおくる)時
魂の存在として同じと気づきました。
20年前からのスピリチュアルな学びと
ボディケアの実践で得た情報、知識を
心軽やかに生きる知恵としてお伝えします。