【自分の気持ちに蓋をしていました】グリーフサポート学び中の私


 【自分の気持ちに蓋をしていました】グリーフサポート学び中の私

町田市
スピリチュアルカウンセラー
の加藤久美子です。

 

自分らしい生き方を見つけるヒントは
すでにあなたの中にあります。

 

それはあなたの中にある
無限の可能性と出逢うこと。

 

【本当の自分の気持ちってわかっている?

今まで様々なスキルを使って
心の開放をしてきた私ですが、
ここに来てさらに、
真実の自分の気持ちを
わかっていなかったことに
気づいてしまいました。

 

 

自分の気持ちに正直に生きる。

自分の気持ちを大切に生きる。

自分の気持ちに素直に生きる。

 

このような言葉を目にしたり、
聞くことが多いかと思います。

 

私も文章に書いたり
言葉にしたり、していました。

 

私は自分の行動の土台は

自分の気持ちに素直に生きる。

そこからの行動だと思っていました。

 

自分の気持ちに素直に生きることが
出来ていると思っていました。

 

ところが、違っていたことに
気づいてしまいました!!!

 

自分の気持ちに素直に生きている。

と思っていたことが違っていたのです!

 

それは大きな大きな驚きでした!

 

それはどういうことかというと、

自分の気持ちそのものが

本当の気持ちではなかったことに
気がついたのです!

 

なので、
自分の気持ちに素直に従って
行動していると疑わなかった
私自身の行動の土台そのものが
違っていたのです。

 

 

どうしてその行動をするのか
本当の理由が明確になったのです。

 

本当の自分の気持ちだと思っていた
私の気持ちの奥には、まだまだ
真実の私の気持ちがあったのです。

 

真実の私の気持ちが
出てこないように
蓋がしてあったのでした。

 

心ハミング心のふた.jpg

 

 

 

気持ち、感情を自由に
表現できていると
思っていただけに

本当にびっくりしました。

 

ここがわかったとたんに

涙があふれてきて本当の自分の
気持ち、感情をやっと
外に出してあげることができました。

まだ、まだ出てきそうです。

 

心が軽くなりました。

心も体もハミングしています。

 

感情を解放してあげることが
できてからは

日に何度も泣いてばかりいます。

 

「泣いてもいいよ!」
と許可を
出してあげることができたからです。

 

今日は、天国に単身赴任中の
愛する夫の2年祭(2ねんさい)でした。
(我が家は神道なので祭りの字がつきます。)

 

今日は
大切な家族や仲間に支えられて

たくさん泣きました。

いつも私を支えてくれている友達からは
会うたびに、
「くみねえ(私のこと)は、
もっと泣いたほうがいい!」
と言われ続けていて、
そのたびに私は「泣いてるよ。」
と言ってきました。


泣いていたんですよ。ちゃんと。

でも今回わかったんです。
私自身が私に「泣いていい!」と
許可をちゃんと出して
泣いていなかったことに・・・

 

だから、もっともっと泣くことに
したんです!!

 

私の特技は
泣いたからすがもうわらった!
なのでたくさん、たくさん
笑うこともできます!

 

15823454_1283783575096490_4265688053870334554_n.jpg

 

自分の気持ちに正直に生きる。

自分の気持ちを大切に生きる。

自分の気持ちに素直に生きる。

 

今の自分の気持ちが
本当の自分の気持ちかどうか???

 

心の蓋を開けてもっと、もっと
解放してあげたいです!

 

今回の気づきは、
「グリーフ」を学ぶことで
気が付いたことでした。

グリーフとは、
日本語にすると「悲嘆」という意味です。

大切な人を亡くし、
深い悲しみや苦しさの中に身を置き、
何とか大切な人が生きていた頃のように
元気を取り戻そうともがいています。
でも、取り戻せるものではないのです。
大切な人のいない生活に折り合いを
つけながら生きていくのです。

私もまさに「グリーフ」の状態でした。

想像以上に「グリーフ」でした。

私と同じように、大切な方を亡くして
毎日を必死で生きている方が
いらっしゃることでしょう。

これからは、
どうやって私が変化していくのかを
時折お伝えしていきます。

 

 

人は誰でもが輝いて生まれてくる。

 

そこに全ての答えがあります。

 

しかし、大人になるに連れて
自分の中に輝きがあることを
忘れ、認めようとしなくなる。

 

認められない根源を見つけ
あなたの
セルフイメージを入れ替えます。

 

「悩みをギフトに変える
心ハミングセッション」

▼▼詳細はコチラです▼▼

http://kokoro-hamming.com/?p=804

 

 

 

 

 

加藤 久美子
私の経験は産婦人科クリニック勤務で
3,000人のあかちゃんと出逢ったこと。
夫と父を抱いて看取ったこと。この経験から
生まれ出るいのちを迎えるとき
旅立ついのちを回送る(みおくる)時
魂の存在として同じと気づきました。
20年前からのスピリチュアルな学びと
ボディケアの実践で得た情報、知識を
心軽やかに生きる知恵としてお伝えします。