【照れくさい言葉を堂々と言える日】あなたの心からの言葉を 聴きたい人がいる。



自分らしい生き方を見つけるヒントは
すでにあなたの中にあります。

 

 

それはあなたの中にある
無限の可能性と出逢うこと。

 

照れくさい言葉を堂々と言える日

 

特別な日は
普段なかなか言えてない言葉を
堂々と言える日。

 

身近な存在って
案外恥ずかしかったり

きっかけがないと
自分の気持ちが言えなかったりしますね。

 

特別な日はそれが言えるチャンスです。

 

今日は娘の33歳の誕生日。

朝、「お誕生日おめでとう。」

と言うと

「お母さんになって33歳おめでとう」

と返す娘。

例年は
「生んでくれてありがとう」

と言われます。

 

いくつになっても

祝う方も、祝われる方も

誕生日は嬉しい。

 

ここ一週間程

風邪で家族全員が

体調不良だったので

今日の誕生日はとっても

カラダにやさしいことを

二つしました。

 

ひとつ目

よもぎ蒸し。

我が家には

黄土よもぎ蒸し

があります。

 

遠赤外線効果の素焼きの椅子。

9種類の漢方処方の蒸気を

体中に浴びます。

約40分間

娘はママから解放され

女性の時間。

 

心ハミングスクールよもぎ蒸し.jpg

 

ふたつ目

砂糖、乳製品を使わない

シンプルなケーキ。

メイプルシロップと

ココナッツミルク使用。

蝋燭は蜜蝋キャンドル。

(娘と孫で作る。ばぁばは1歳の孫のお守り)

 

ケーキを食べる時

娘の(ママの)好きなところを言ってから

食べようと私が言って

4歳の孫は恥ずかしがっていたが

私は
「〇〇ちゃんの心がきれいなところが好きです」

と言いました。

 

 

誕生日って、普段は言わないことを

堂々と言えるのがいいですね。

 

 

 

誕生日は
普段なかなか、言えてない言葉を
堂々と言える日。

 

 

今日も

八木重吉さんの詩です。

娘(桃子)さんの2歳の時に謳った詩です。

 

桃子よ

  ももこよ

  おまえがぐずってしかたがないとき

  わたしはおまえにげんこつをくれる

  だが 桃子

  お父さんの命が要るときがあったら

  いつでもおまえにあげる

 

 

人は誰でもが輝いて生まれてくる。

 

そこに全ての答えがあります。

 

しかし、大人になるに連れて
自分の中に輝きがあることを
忘れ、認めようとしなくなる。

 

認められない根源を見つけ
あなたの
セルフイメージを入れ替えます。

 

「悩みをギフトに変える
心ハミングセッション」

▼▼詳細はコチラです▼▼

http://kokoro-hamming.com/?p=804

 

 

 

 

加藤 久美子
私の経験は産婦人科クリニック勤務で
3,000人のあかちゃんと出逢ったこと。
夫と父を抱いて看取ったこと。この経験から
生まれ出るいのちを迎えるとき
旅立ついのちを回送る(みおくる)時
魂の存在として同じと気づきました。
20年前からのスピリチュアルな学びと
ボディケアの実践で得た情報、知識を
心軽やかに生きる知恵としてお伝えします。