置き去りにされた感情は、すり替えて出てくる


置き去りにされた感情は、すり替えて出てくる

 

今幸せなこといっぱいあるのに
なぜかわからない感情にざわざわする。

 

過去に置き去りにされている感情が
あると、それが居場所を求めて
今、目の前にある出来事にすり替えて
出ていることがあります。

 
それはどういう事かというと
私は今幸せなことが
いっぱいいっぱい
あるのです。

 

なのに、
「私の心に穴が空いたような寂しさや
不安そしてイライラなど」
が出てきます。

 

 

 

昨夜、寝る前に
「この感情はどこから来るの?」
と問いかけました。

 

 

出てきたのは
「苦しい」
という感情でした。

 

 

夫のそばで寄り添っていた時
今回の人生、彼の魂は還って逝く
とわかってからの私の心は
「苦しいよ~!」
と叫んでいました。

 

 
でもそれを言葉に出さず
押さえこんでいたことに
やっと気づきました。

 

苦しくて切なくて
どうしようもなかったのに
彼が弱音を吐くことがなかったので
「私の苦しさなんて
彼の苦しさの比較にもならない。」と
私の感情は押さえこんでいました。

 

 
あれから、1年半たって
やっとその時の私の感情
「苦しいよ~!」を
出すことが
出来ました。

 

布団を被って嗚咽して泣くことが
出来ました。

 

今まで何度も泣いてきましたが
それはリアルな彼に逢えない
寂しさと切なさの感情
対して泣いていました。

 

 

昨夜は光の国へ
旅立つ準備をしている彼に
寄り添っていた時の私の
苦しみの感情に対して泣きました。

 

 

「苦しいよ~!」って声に出して
何度も言えました。

 
友人のヒーラー達に
よく言われていた
「加藤さんはちゃんと泣いてないんじゃないの?」
それにに対して
「ちょこちょこ泣いているよ」
と答えていましたが
押さえこんでいた
「苦しいよ~!」を
出してあげてなかったのでした。

 
これが
いろんな形で今の現実のできごとに
すり替わって
出ていました。

 

 
最も激しく出ていたのが
実家に帰るとどうしようもなく
出てしまった感情
イライラや罪悪感でした。

 

 

 

イライラや罪悪感の
その奥に隠れていた
苦しいという感情に
気付いてあげられていなかった。

 

 

 

今の現実(目の前の事)に対して
イライラや罪悪感が
出ていたのではなかったのだと
やっとわかりました。

 

心の奥に隠れていた感情が
チャンスを見計らって

出てきたがっていたのだとわかりました。

 

 

あらためて説明すると

 

①目の前のことに感情が出ている状態

16473104_1303221413152706_7116733366810325107_n

 

 

 

 

②本当は隠れた感情がすり替わって出ている

16386979_1303222509819263_5415551388475433845_n

 

 

 

 

③やっと本当の感情に気づいてあげられた

 

16388022_1303224393152408_1875001185787861823_n

 

 

 

④目の前の感情が消えた

 

16427255_1303240463150801_6123866961118690524_n

 

 

 

 

 

過去の封じ込めていた感情は出たがっています。

 

過去の封じ込めていた感情は
出るチャンスを伺っています。

 
すり替わって出ていることに
気が付いてあげてください。

 
これは難しいかもしれませんが
自分自身を感じてあげてください。
問いかけてください。
「この感情はどこから来ているの?」
って。

 

幼い自分の感情が出てくることも
あるでしょう。
その自分を感じてあげてください。

 

人は誰でもが輝いて生まれてくる。

そこに全ての答えがあります。

 

しかし、大人になるに連れて
自分の中に輝きがあることを
忘れ、認めようとしなくなる。

 

認められない根源を見つけ
あなたの
セルフイメージを入れ替えます。

 

 

加藤 久美子
私の経験は産婦人科クリニック勤務で
3,000人のあかちゃんと出逢ったこと。
夫と父を抱いて看取ったこと。この経験から
生まれ出るいのちを迎えるとき
旅立ついのちを回送る(みおくる)時
魂の存在として同じと気づきました。
20年前からのスピリチュアルな学びと
ボディケアの実践で得た情報、知識を
心軽やかに生きる知恵としてお伝えします。