【物を捨てたことを後悔する】自分の心の声を聴く


自分らしい生き方を見つけるヒントは
すでにあなたの中にあります。

 

それはあなたの中にある
無限の可能性と出逢うこと。

 

捨てたことを後悔する

 

後悔する理由は自分では
気づけなかった。

 

 

昨日は物を片付けられない
ことへのイライラの感情
のブロックを見ていきましたが
今回はその逆のパターンの
悩みをご紹介します。

 

昨日の記事
【物を捨てられない悩み本当の理由】
はこちらです。▼
http://kokoro-hamming.com/?p=1756

 

15781571_1281768488631332_7469189125544423975_n
今日は
【捨てたことを後悔している】
についてです。

 

【物を捨てたことを後悔する】自分の心の声を聴く

 

Yさんはお母様が早くに他界され
数年前にはお父様ともお別れを
されました。

 
誰も住まなくなったご実家の
片付けをおひとりでされていました。

 
永年済んだ家には物が
たくさんたくさんありますね。

 
故人の愛用品ともなると
どんなに大変な作業か
想像できるものではありません。

 
一人でそこに向き合っていると
本当に苦しくなって
心を決めないと作業が進みません。

 

これは、昨年から今年にかけて
私も同じ作業をしてきたので
良くわかります。

 

遺品をたんなる物として扱わないと
捨てられないのです。

 

そんな中でYさんも
お母様が大切にされていた
在る物を処分したそうです。

 

しかし、その後
「なんで捨ててしまったんだろう」
と後悔して心がザワザワする。

 

「母が気に入って迷った末に買った
物を私は処分してしまって
母はがっかりしているだろう。」

という悩みでした。

 

セッションで
この感情の奥に在るものを
見ていったところ

 

最終的には遺品を処分したことへの
後悔ではなく、生前のお母様との
関係性におけるいろんな思い
に蓋をしてきていたことによる
寂しさや辛さが見つかりました。

 

 

何十年も蓋をしてきたお母様への
想いがいっぱい溢れてきました。

 

そしてYさんは気づきました。

 

今は、お母様の年齢をはるかに
超えた自分がお母さんの気持ちが
わかることに。

 

「お母さんどうして私にはこうなの?」
と思っていた感情が
「お母さんそうだよねー」
とお母さんに寄り添える自分がいる。

 

もうそこには物を超える
世界が展開されていました。

これからは心の中の
お母さんと一緒にカフェで
お茶をする感覚で過ごして
みようと思う。

 

 

Yさんの心のザワザワが
穏やかな心に入れ替わりました。

 

 

 

その後Yさんは
お母様の大事にされていた物を
処分したことで気づけた大切な
心を手にしたのでザワザワ
しなくなったそうです。
年末の大掃除の時期
物にまつわる感情のお話し
を二つご紹介しました。

 
日々の生活でふと出てくる感情の奥に
大きなギフトが隠れています。

 

 

 

gift-1420830_640

 

 

 

近日中に来年の
「悩みをギフトに変える心ハミングセッション」
メルマガ読者限定
「Happy New Year」

企画をお知らせします。

 

2017年、知らない自分と
出逢い直しをしてスタート
しましょう。

 

大きな一歩を踏み出せます!

 

人は誰でもが輝いて生まれてくる。

そこに全ての答えがあります。

 

しかし、大人になるに連れて
自分の中に輝きがあることを
忘れ、認めようとしなくなる。

 

認められない根源を見つけ
あなたの
セルフイメージを入れ替えます。

 

 

 

加藤 久美子
私の経験は産婦人科クリニック勤務で
3,000人のあかちゃんと出逢ったこと。
夫と父を抱いて看取ったこと。この経験から
生まれ出るいのちを迎えるとき
旅立ついのちを回送る(みおくる)時
魂の存在として同じと気づきました。
20年前からのスピリチュアルな学びと
ボディケアの実践で得た情報、知識を
心軽やかに生きる知恵としてお伝えします。