【3歳児に学ぶシンプルな生き方】言葉


自分らしい生き方を見つけるヒントは
すでにあなたの中にあります。

 

それはあなたの中にある
無限の可能性と出逢うこと。

 

3歳児に学ぶシンプルな生き方

 

幸せなこと=大好きなこと

 

 

今日のメルマガ書こうとパソコンの前に
座ったものの何を書こうかと悩む。

 

 

 

そこで、そばで一人遊びをしている
孫に、こう聞きました。

「今日のメルマガ何書こうかな?」

「幸せなこと書けばぁー。
そうすれば、
ばぁば幸せになるでしょう。」


「そうだよねー。
ふーちゃんの幸せなことは何?」

「大好きなことだよ」
幸せなこと=大好きなこと

 

シンプルだなぁ。

 

私の大好きなことは?
と自分に問う。

 

 

 

あれっ!一言で答えるのって
案外むつかしいぞ。
そこでまた、
そばで遊んでいる
孫に聞きました。

「ふーちゃんの大好きなことって何?」


「メリーさんのひつじだよ」

 

即答するふーちゃん。

 

そうか、ふーちゃんは
その時頭に浮かんだことを
言っているだけというシンプルさ。

 

 

 

大人になると、なんか、かっこつけて
上手いこと書こうとか、
きれいなこと言おうなんて
よぎってしまう。

 

別にひとことで言おうなんて
思わなくていいのに。

 

自分の感情を言葉にして伝える
ことって大人になると
むつかしいかもしれない。

 

言葉によって情景が伝わったら
会話がどんなに楽しくなるだろう。

 

ふーちゃんは時々こんな言い方をする。

 

「〇〇って心の中で言ったの」

 

 

その時、私の中でとっても
温かい気持ちが伝わってくる。

 

 

優しい気持ちで言ってくれてるんだなぁ
ということが伝わってくる。

 

 

私もシンプルな言葉で
情景が伝わるような伝え方が
したいなぁと思う。
その時浮かんだことを
イメージが伝わる言葉にする練習。

 

 

これをいっぱいやっていこう。

 

 

人は誰でもが輝いて生まれてくる。

 

そこに全ての答えがあります。

 

しかし、大人になるに連れて
自分の中に輝きがあることを
忘れ、認めようとしなくなる。

 

認められない根源を見つけ
あなたの
セルフイメージを入れ替えます。

 

 

 

 

加藤 久美子
私の経験は産婦人科クリニック勤務で
3,000人のあかちゃんと出逢ったこと。
夫と父を抱いて看取ったこと。この経験から
生まれ出るいのちを迎えるとき
旅立ついのちを回送る(みおくる)時
魂の存在として同じと気づきました。
20年前からのスピリチュアルな学びと
ボディケアの実践で得た情報、知識を
心軽やかに生きる知恵としてお伝えします。