【あかちゃん、生まれる日は自分で決めている】


あかちゃん、生まれる日は自分で決めている

 

 

以前アメブロに書いた記事ですが
子育てママの参考になれば嬉しいです。

 

 

我が家で撮ったマタニティフォト

 

20160410_113853

 

 

 

この写真から2週間後(予定日から13日後)
次女が生まれて来てくれました。

 

 

今回、娘は助産院で出産しました。
(長女は私が勤めていてクリニックで出産)
助産院で出産出来るのは41wまで。
42Wに入ると提携の
産婦人科クリニックでの
出産になります。

 

 

予定日から生まれた日までの13日間。

 

この13日間お腹のあかちゃんから
教えられることがたくさんありました。

 

 

娘はfacebookでこう書いています。

 

4月24日の朝、

元気な女の子が産まれてきてくれました。

予定日から13日目の誕生でした。

 

 

2人目だから、

予定日より早く生まれるかも

と、だいぶ早くから

今か今かと待っていましたが、

いっこうに生まれる気配はなく、

予定日が長女の入園式でしたが

無事に出席、

初登園からの2週間の様子も

見守ることが出来ました。

 

 

助産院で生めるリミットが迫る中、

せっせと歩き、

山にも登り、鍼灸院に通い、

ヨガにスクワットに…と、

もうやりきった感満点の母をよそに、

赤ちゃんはのんびりお腹にいました。

 

 

予定日を過ぎるごとに

不安も募りましたが、

もう、色々考えるのはよそう。

母子ともに元気に出産できるし、

助産院と提携の産婦人科の

バックアップも完璧!

 

と信じて腹をくくったところ、

想像を超えるタイミングの良さで

生まれてきてくれました。

 

 

検診のたびに、

小さめと言われていましたが、

13日の間に十分成長してくれました。

お腹にいる間から、

私に大きな学びをくれた

赤ちゃんでしたので、

赤ちゃんではなく師匠のような存在です。

 

 

ばぁばの私も日々

「今日生まれてきてくれるかな?
今日だったらこんなエネルギーの子」

なんて誕生数秘学でみていたら

おなかのあかちゃんより

「生まれる日まで決められたくない」!

「生まれる日は自分で決める」!!

て言われました。
(お腹のあかちゃんからのメッセージ
を受け取ることもしています)

そりゃそうだよね。

 

 

自分の人生のスタートだもの

自分で決めるよね!

 
いよいよ陣痛がきて
ばぁばの私も
出産に立ち会えました。

 

 

出産とは

母の生み出すエネルギー

子の生まれ出るエネルギー

双方の神聖なるエネルギーが

溢れでる時

 

 

その場面に居合わせている時

ふと「陣痛」の「陣」てなんだろう?

と思い後から調べてみました。

 

 

「陣痛という言葉の由来は?」

◯◯の通り道

という意味もあるみたいです。

では、その◯◯とは何なのか

実は、陣痛とは、

そもそも陣通というように書かれていた
由来もあるみたいです

「陣」は、社寺とかの意味も

含まれているので、

言うなれば神通という
神の通り道という解釈が
あったのではないかとのこと

 

日本では「陣痛」は、

神の通る道というような一説がある

(助産師moaiさんブログより抜粋)

なるほど なっとく。
ちなみに英語では
「陣痛」は英語でlabor(労働)の
単語で表されるそうです。

 

ああ、日本人で良かった!

 

 

春の善き日
我が家にきてくれた女の子

 

穏やかでゆったり
とした雰囲気です。

 

こんなにゆったりと
新生児との日々を
過せるってまさに彼女は
我が家の師匠です。

生後5日目

15338853_1267066330101548_2751868453048370876_n

 

加藤 久美子
私の経験は産婦人科クリニック勤務で
3,000人のあかちゃんと出逢ったこと。
夫と父を抱いて看取ったこと。この経験から
生まれ出るいのちを迎えるとき
旅立ついのちを回送る(みおくる)時
魂の存在として同じと気づきました。
20年前からのスピリチュアルな学びと
ボディケアの実践で得た情報、知識を
心軽やかに生きる知恵としてお伝えします。